出産を間近に控えて|顕微授精で待望の我が子を抱ける|進化する技術

顕微授精で待望の我が子を抱ける|進化する技術

医者

出産を間近に控えて

おなか

臨月とは妊娠36週目以降のことを言います。出産が40週目と計算されていることから予定日の1か月前から臨月ということになります。このあたりになってくると赤ちゃんも準備が出来ているのでいつ生まれてもおかしくない状態です。赤ちゃんは体が育つと出産の準備のために頭を下にして骨盤の方に移動していきます。お母さんの骨盤の間に頭を入れてあまり動かないようになりますので、骨盤や足のあたりに痛みなどが起こるようになりますし、以前のように胎動を感じることが少なくなりますがこれは普通のことなので心配は要りません。また、出産が近づくと前駆陣痛を感じます。これは陣痛と間違えやすいのですが、陣痛のように規則正しい間隔では起きず不規則なのが特徴です。

臨月になったら小さな体調の変化などに敏感になっておくと良いです。出産は陣痛が規則的になったら病院に行きますが、陣痛が弱い人もいますし破水の量が極端に少ない人もいますから気づきにくい場合があります。臨月に入るとおしるしと呼ばれる出血が起こりますので、これが起きたら出産が近づいてきた目安になるので注意をするようにします。臨月時期には無理しない程度の運動をすることが安産の秘訣とも言われていますので少しウォーキングをしたり、階段の昇り降りをしたりすると良いです。妊婦は足元が見にくいので十分に足元に気を付けるようにして下さい。一緒に付き添いしてくれる人が居ればより安心です。いつでも病院に行ける準備をしてゆったりした気持ちで過ごしましょう。